スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACT.148 続き妄想

「――…最上さん」

考え事をしていたら、敦賀さんが私の名前を呼んで覆いかぶさってきた。

な、なんで………

どうして敦賀さんが夜の帝王になってるの?

顔が近い!近すぎです!

この体勢は一体何?

「あ、あの………敦賀さん?」

どうしてそんなに接近してるんですか?

敦賀さんから目をそらすことも出来なかった。

あれ?こうやって近くで見ると、敦賀さんってコンタクト入れてる?

って、今考えることはそこじゃないじゃない。

どうしてこんなに敦賀さんと私の顔が近いの?

「最上さん、まつげが目に入りそうだよ?」

あ、やだ………敦賀さんは目に入りそうなまつげを気にされただけだったのね。

変に焦ったりして私って馬鹿よね。

そうよね、私みたいに地味で色気のない女に、芸能界一いい男の称号を持つ敦賀さんが、どうこうってことないわよね。

それに敦賀さんには好きな人がいるんだし………

「どこですか?」

持ち上げた腕を敦賀さんに掴まれた。

びっくりしていたら、敦賀さんが言った。

「マスカラで汚れるから、とってあげる。じっとして」

親切で言ってもらったのに、破廉恥なことを想像して、申し訳ない気持ちがわきあがってきた。

掴まれた腕を開放されると、大人しく膝の上に手をおいた。

「ちょっと目を瞑ってて」

そうよね、じっと見られてたら敦賀さんだってやりにくいわよね。

自分の鈍感さに、さらに申し訳なくなった。

「すみません」

言われるままに、慌てて目を瞑った。

敦賀さんの手がそっと私の頬に添えられて、軽く上を向かされた。

あ、やだ、そうよね。

ずっと前を向いたままだと、敦賀さんだって取りにくいわよね。

ホントに私ったらどうしようもないわね。

敦賀さんは親切で取ってくださるっていうのに、やりやすいように出来ないなんて。

「ねぇ、最上さん」

「はい?」

自分の気の利かなさに申し訳なくて、自分の思考にとらわれていたので、名前を呼ばれて慌てて返事をした。

「いいの?」

「へ?」

思いがけない問いかけだったから、間抜けな返事をしてしまった。

何のことかしら?

「男の楽屋に二人きりでいるのに、そんなに無防備になってていいの?」

無防備って何のことかしら?

でも、言われてみれば、敦賀さんの楽屋に二人きりなのよね。

それが何かいけなかったのかしら?

バレンタインのチョコの代わりのワインゼリーを食べて頂いたことが無防備なのかしら?

「俺の言葉を疑いもしないで………ねぇ、気づいてる?今の最上さん、まるで俺からのキスを待ってるみたいだよ?」

えっ!?

思わず目を開けたら、すぐ近くに敦賀さんの顔があった。

心臓が口から飛び出してしまうかと思った。

さっきより更に近い!

少しでも動けば唇が触れてしまいそうなぐらい近付いていた。

なんで?

どうして?

一体何がどうなってるの~?

私の内心のパニックをよそに、冷静な敦賀さんの声が聞こえた。

「ねぇ、どうして逃げないの?」

どうしてと聞かれても………動けば唇が触れてしまいそうで………

「黙ってるってことは、続けてしまってもいいのかな?」

続けるって何?

だって………言葉を発するだけの唇の動きでさえも触れてしまうんじゃないかと思われて………

「れ~ん、もうすぐ休憩おわ…」

ノックの音と共に、社さんの声が聞こえたと思ったら、荒々しくドアが閉まる音がした。

この体勢を社さんに見られた!?

実際触れてないけど、触れているように見えるんじゃ………

敦賀さんは、私が無防備だって叱ってくださってるだけなのに………

「時間か…この続きは後でね」

続きって何?

後でって何?

内心パニックを起こしている私から離れて、夜の帝王の敦賀さんが言った。

「今日の帰りは送るからね。逃げたりしたら許さないよ?」

すっかり動揺して、反射的に返事をしてしまった。

「最上キョーコ、謹んで敦賀さんのご好意を受けさせて頂きます」

思わず敬礼して、自分の荷物を抱えて、敦賀さんの楽屋から飛び出した。

ドアを開けると、ばつが悪そうに立ってる社さんが視界に入って、さっきのことを思い出して顔が熱くなった。

その後の撮影はなんとかこなしたけど、いつもなら、敦賀さんの演技に見入ってしまうのに、敦賀さんを見ると、楽屋での出来事が思い出されて、頭の中は「なんで」と「どうして」が入り乱れていた。



                     キスする続き

                     キスしない続き
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

楽しんで頂けました?
そうおっしゃって下さって嬉しいです♪
今回読み手でいるつもりだったんですけどねw
妄想の罠にかかってしまいました(/ω\)
バナー
バナー 花のうてな みなみなみ様から頂きました。
バナー 桃色無印 きゅ。様から頂きました。
プロフィール

瑞穂

Author:瑞穂

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
参加してます
実行委員長のAKI様のお宅にリンクしています。
フリーエリア
光の箱庭 惣也様主催
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。