スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チズさんからの頂き物

10月27日の続き妄想で「好意を受ける」を「行為を受ける」って変換しちゃってますというコメントをチズさんから頂いて、『チズさん、書いて書いて〜♪読みたいな♪』とおねだりしましたら、ホントに続き妄想の続きを書いて下さいました。

私一人で楽しむのは勿体ないので、『是非是非公表しましょうよ〜』とお願いしまして、こちらで公開させて頂くことになりました。

チズさんの素敵な作品をご堪能くださいませm(__)m


「敦賀さん、これは一体どういうことですか?」

確か自分は家まで送ってくれるという先輩の好意を受けたはず。
でもここは、蓮の家の蓮の寝室のありえないくらいにでかいベッドの上。
蓮に組み敷かれたこの状況がキョーコには理解できなかった。

「最上さんが行為を受け入れてくれるって言うから」

似非紳士な笑顔で飄々と言い放つ蓮にあっけに取られながらキョーコは反論した。

「私が言ったのは『好意』であって『行為』ではありません」

ニヤリと艶を含んだ笑みに、キョーコの胸が跳ねた。
(これは、「夜の帝王」 な、なんでこの状況で?)

「でも受けるって言ったからには責任とってくれないと」

そういいながらわずかに身体を起こした蓮は、自分のシャツのボタンをゆっくりとはずした。
肌蹴たシャツからのぞき見える彫刻の様に引き締まった裸体。

「きゃぁ〜!ナニをするんですか〜!!破廉恥です!!!」

キョーコは真っ赤になって手で顔を覆った。

「ナニって…。解るだろう?」

「解りませんよ!」

なにを訳のわからない事をいっているのだと、睨んだその視界に映るのは、優しく自分を見つめる漆黒の瞳。
ゆっくりと近づく唇。
(う、嘘?本当に?)

キョーコはゆっくりと目を閉じた。

「………?………」

わずかに聞こえるの笑い声。
不意に感じられなくなった身体の重み。
キョーコがその瞳を開くと蓮が自分に背を向けて小刻みに震えていた。
(これって、これってもしかしなくても)

「敦賀さん! またからかいましたね!!」
「えっ? あ、ごめんごめん。あまりにも君が無防備だったからね、つい。」

いつまでも笑い続ける蓮にキョーコは、ムッとした。
(ひどい!覚悟決めたのに。からかっただけなんて!みてらっしゃい!負けないんだから!)

「敦賀さん」
「ん?」

蓮が振り向いたその刹那。
柔らかい感触が一瞬だけ触れた。
それは――。

「!!!!!」
「敦賀さん、あまりにも無防備ですよ。そんなことじゃなにをされても……って!」

(どうして、どうしてそんなに照れているんですか〜〜?)
口元を押さえ、頬どころか耳まで真っ赤に染まっている蓮に、キョーコは目を疑った。

自分までつられて赤くなっていくのが解る。
そして自分のした大胆な行為に気付く。
(や!わ、私。敦賀さんにキスしちゃった! な…なんて破廉恥な事を!)

「……最上さん。」
「や、ちが!今のは…そう!意地悪の仕返しです!だんじてキスをしたくてしたわけではなくてって」
「……… ふーん。そうなんだ。」

(きゃー、怒ってる!当たり前だけどすごい怒ってる!!)

「最上さんは嫌がらせで誰にでもキスできるんだね」
「な、しませんよ。そんな破廉恥極りないこと!」
「じゃあ、どうして俺にはしたの?」
「どうして、って…」

だって、くやしかったから。
ドキドキさせられるのはいつも私だけ。
だから、敦賀さんのもドキドキさせたかった。

「だって、キスしてくれると思ったのに…、からかわれただけって解ったらくやしかったから…だから…。」
「…最上さん、自分の言った言葉の意味解ってる?」
「え?」
「俺にキスしてほしかった、って言った」
「い、言ってませんよ。そんなこと!」
「いいえ、いいました。悪いけど聞きながしてあげないよ。それは俺の欲しかった言葉と判断するからね」
「欲しかった言葉って…きゃ」

腕を引き寄せられてバランスを崩したキョーコは、蓮の胸にそのまま閉じ込められた。

ドキンドキンと早鐘を打つように聞こえてくる蓮の鼓動。

「好きだよ」


おしまい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

バナー
バナー 花のうてな みなみなみ様から頂きました。
バナー 桃色無印 きゅ。様から頂きました。
プロフィール

瑞穂

Author:瑞穂

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
参加してます
実行委員長のAKI様のお宅にリンクしています。
フリーエリア
光の箱庭 惣也様主催
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。