スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濡蓮制作委員会 後編

「見つける」「コートにIN」部分やっと書けました。

皆様続々と、濡蓮更新されてますね。

かぶってると怖いので、更新されていることしか確認してませんでした。

気がつけば、目の前にセツがいた。

俺を見つけて、ホッとした表情を見せた。

「こんなところにいたのね?何も言わずにいなくなってるから、心配したのよ?」

俺を案じる人なんているはずがない。

これは幻だ。

「セツ……」

幻でも嬉しかった。

「泣いてたの?」

泣く?

誰が?

俺は血も涙もない、殺し屋BJと何ら変わらない人間なんだ。

そんな俺が泣くはずがない。

そっと俺の頬に触れるセツの手を握った。

「兄…さん?何か、悲しい事でもあったの?」

悲しい事…

そうだな。

いいことなんて、あるわけがない。

俺には、幸せになる権利なんてないんだから。

「兄さん?どうしたの?」

腰を屈めて、俺の顔を覗きこむセツの手を引っ張ると、俺の腕の中に倒れこんできた。

「きゃ、何するの?危ないじゃない」

腕の中の温もりに、幻ではなかった事に気がついた。

「セツ…?」

「なぁに?」

名前を呼ぶと、セツは無邪気に微笑んだ。

「セツ…」

「兄さん?」

呆然と繰り返し名前を呼ぶ俺に、セツは訝しそうにしていた。

「ホントにセツ?」

「そうよ?兄さん。どうしちゃったの?」

セツが幻ではなかったことで、暗く沈んでいた自分に、光が差し込んできたのがわかった。

あぁ、これを求めていたんだと、やっと気付いた。

「俺は…セツがいなくて探してた」

「何言ってるのよ!寝ぼけてるの?兄さんを探してたのは、私の方なんだからね!もう!こんなに濡れて。風邪でもひいたらどうするの?仕事に差し障るわよ?」

ポツリと呟いたら、怒涛の勢いで叱られた。

「濡れてるのは、お前だろ?風邪をひくじゃないか」

コートの袖で、濡れているセツの髪を拭いた。

「に、兄さん…そんなこと、いいわよ」

慌てるセツを膝の上に抱きあげ、コートの中に閉じ込めた。

「セツ…お前は暖かいな…」

さっきまで、あんなに暗くて指一本動かすだけでも凍えたように冷たかったのに、セツがいてくれるだけで心に灯がともり、暖かくなった。

「兄さん…すっかり冷えてるわね。さぁ、部屋に戻って、暖かい飲みものでも飲みましょ?」

「お前がいたら、何もいらない」

セツがコートの檻から逃れようとするから、きつく抱きしめた。

「ダメよ。冷え切ってるんだから暖かくしないと」

「寒い…」

セツがいないと、世界は寒くてたまらない……

「そうでしょ?だから早くお部屋に戻りましょ?」

「セツが暖めて」

セツが傍にいてくれるだけで、俺の心は凍りつかないでいられる。

「ダダっ子なんだから」

セツは、困ったように笑った。

「お前も、冷え切ってるじゃないか」

こんな季節、こんな時間、こんな天気の中を、こんな薄着で俺なんかを探し回っていたのか……

風邪でもひいたらどうするんだ!

少しでも隙間が出来ないようにと、更にきつく抱きしめた。

「じゃあ、兄さんが私を暖めてね」

「俺から離れて行かないで…」

そっと背中にセツの手が回されて、心がこぼれ落ちた。

「部屋に戻りましょうって言ってるだけじゃない。頼まれたって、離れてなんてあげないわよ」

今の言葉は、ホント?

「一生一緒にいてくれるね?」

「もう、甘えん坊ね。こんな兄さん一人に出来ないわ」

「ありがとう、最上さん」

セツとして告げたことだとわかっていても、久遠・ヒズリとしての言葉に、欲しかった言葉を返されて、嬉しかった。

前編へ  おわり

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

残暑お見舞い申し上げます。
こちらこそ、ご無沙汰してしまって、申し訳ありませんm(__)m
毎日ホントに暑いですよね。
さらさんも体調には気をつけてくださいね。
ご丁寧にありがとうございますm(__)m
バナー
バナー 花のうてな みなみなみ様から頂きました。
バナー 桃色無印 きゅ。様から頂きました。
プロフィール

瑞穂

Author:瑞穂

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
参加してます
実行委員長のAKI様のお宅にリンクしています。
フリーエリア
光の箱庭 惣也様主催
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。